そば

【みのがさ】立ちそば激戦区秋葉原人気店『信州戸隠生蕎麦みのがさ』の「コリ旨ゲソ天そば」

令和5年1月12日(木曜日)晴れ

みのがさ 神田和泉町店

ゲソ天そば 520円

今日の一枚
小生
説明しよう!
小生
本食は、立ちそば激戦区秋葉原人気店『信州戸隠生蕎麦みのがさ』のコリ旨ゲソ天そばである。

秋葉原昭和通り沿いにある人気立ち食いそば店

立ちそば激戦区の人気店

立ち食いそばの激戦区秋葉原

昨年末から晴天続きの東京。

すっきり晴れるのは気持ちいいものの、朝晩めっきり冷え込んで電気&ガスの光熱費はうなぎ上り。

懐も寒々しくこの上ないので、安くて美味しいものをサクッといただこうと、

向かったのは秋葉原にある人気の立ち食いそば店『みのがさ』。

すぐそばには富士そばや二葉もある

同店は秋葉原近辺に3店舗を展開するが、

今回伺ったのは昭和通り沿いにある神田和泉町の店。本店は岩本町にある。

JR秋葉原駅昭和通り口を出て、

上野方面へ5分ほど歩くと見えてくる「信州生そば みのがさ」の看板。

すぐそばには『富士そば』もある。

こだわりのそば

真田六文銭の家紋があしらわれた暖簾をくぐると、いらっしゃいませ、と元気な声に迎えられる。

時刻は正午過ぎ。

券売機でゲソ天そばの食券購入

店入り口近くにある券売機でゲソ天そばを購入し、

カウンターで待っている店員さんに渡す。

ちなみにセットのミニカレーも人気らしいが、連食の予定なので自重。

椅子のあるカウンター席

壁際の椅子のあるカウンター6席と反対側の立ち食いスペースの店内。

立ち食いそば店では、ごく普通の箱だ。

前客は3人ほど。立ちそばでは珍しいご婦人の姿も。

店のこだわり

店に飾ってあるボードには「蕎麦粉は最高銘柄である信州戸隠産のプレミアム蕎麦粉で、歴50年の職人が店の工房で製麺している」と。

存在感抜群のゲソ天

到着

2分ほどで提供。

ゲソ天そばである。

どんぶりから出汁とゲソの香りがふんわり。食欲を誘う。

つゆは黒すぎず澄んでいて、上品な鰹節と昆布の旨味と主張しすぎない返しが口の中に広がる。

コシのある生そば

店自慢の生ソバは少しコシも感じられ、

肝心のゲソ天は、ほんのり温かくカリッと揚げられ油切れもいい。

カリっと揚げられたゲソ天

歯ごたえを楽しめるくらいに切られたゲソは存在感バツグンで、

噛むごとにイカの旨味が溢れる。

ワカメも海藻好きな身としては嬉しい。

つゆでふやけたゲソ天もいい

つゆにふやけたゲソ天もまた味わい深く、サクッと完食。

秒食

日暮里の六文そばのようなインパクトはないが、

つゆとそば、種のバランスのいい毎日食べても飽きない立ちそば。

今度は評判のいいカレーも食してみたい。

ちょっとだけムービータイム

 

ランチ時には弁当も販売

秋葉原は立ち食いそばの良店多し

 

みのがさ 神田和泉町店

電話:03-3866-8720

住所:東京都千代田区神田和泉町1-3-2

営業時間:【平日】6:00~19:00【土日】6:00~16:00

定休日:無休

-そば
-, ,

© 2023 昭和カロリー Powered by AFFINGER5