有名人が来る店 町中華

【メルシー】半世紀以上も愛される有名人ご贔屓町中華の「コスパ抜群絶品チャーシューメン」

令和2年12月16日(水曜日)快晴

メルシー

チャーシューメン 700円

今日の一枚

小生
説明しよう!
小生
本食は、今でも超有名人が通う早稲田大学近くの老舗町中華の絶品チャーシューメンである。
看板は新しいけど店は古い

早稲田に縁のある人ならだれもが知る超有名店

半世紀以上の歴史を誇る名店

オープン直後の店頭

かねてから噂の店にいざ!

戦前は喫茶店で、

今のスタイルになったのが昭和33(1958)年という

半世紀以上の歴史を誇る同店(1970年に現在の場所に移転)。

店頭の商品サンプル!

昭和な店には欠かせない商品サンプルのショーケース

近くにある早稲田大学の通学路にあることから、

同大卒の著名人にファンが多く、

今でも元大阪府知事の橋下徹さんや、

堺雅人さんは奥方の菅野美穂さんを連れ立って、

さらにタモリ御大までも顔を見せるという。

いざ、入店!

直接同大には縁のない小生だが、

OBやラーメン好きの知り合いたちからは

メルシーという名前だけは何度も耳にしていた。

壁のメニュー

お金のない腹ペコさんには嬉しい価格帯

快晴のこの日、

オープン直後の午前11時すぎに店を訪れると、

前客が一人、ビールと五目そばを注文している。

清潔な店内

清潔でレトロ感も漂わせる店内

二人かけのテーブル席に陣取った小生は

壁のメニューを見て

水を持ってきたお姉さんにチャーシューメンをお願いする。

卓上セット!

テーブルの上にはラー油とコショウ、酢が常備

するとワラワラと次から次へ後客が入ってきて、

あっという間に席は8割ほど埋まる。

サラリーマン風から、

労働者風、会社の役員風、

もちろん学生風までその幅は広い。

この後店はいっぱいに

オープン直後。すぐに客でいっぱいになる

一人20代の女子もやってきては、

慣れた感じでモヤシラーメンを注文していた。

天井は高く、店内は清潔で、

タイル張りの床や壁が何ともレトロ感を誘う。

具だくさんのチャーシューメン

銀のレンゲ

チャーシューの他にコーンやもやし、さやえんどうまで

そして10分ほどで、注文の品が。

使いこなした感のあるどんぶりの中には、

油膜の張った薄こげ茶のスープ。

どんぶりを覆いつくすチャーシュー、

そしてメンマ、もやし、コーンとネギ、

さやえんどうまで見える。

これで700円!

栄養満点⁉

まずはスープをすくってひと口飲むと、

野菜と旨味調味料の甘みが広がり、

キレのある醤油だれの塩味と

鶏ガラなどの動物系と

煮干のダシの風味と旨味が追って来る。

中太ストレート麺

優しい硬さの麺だが、常連客は固めでの注文多し!

麺は中太ストレート麺で、

優しい硬さだ。

スープの絡みも良く、

常連のほとんどは麺固めで注文するという。

ラーメン一杯450円の衝撃!

昔ながらのチャーシュー

食べ応えあるチャーシュー。満足度はかなりのもの

全体的にちょっとしょっぱめの味だが、

麺を啜った後、肉々しいチャーシューにかぶりつき、

コリコリしたメンマを噛みしめ、

甘いコーンでアクセントを感じ、

どんどん食べ進める。

これが早稲田の地で半世紀も愛されてきた昭和の味かと感服し、完食。

都心で今どきラーメン1杯450円。

これにチャーハンの540円を足しても

1000円札でおつりがくるという恐るべし高コスパの名店は

今も健在だった!

ちょっとだけムービータイム

いつまでも頑張ってほしい

早稲田の名店! 近くにお越しの際はぜひ!

 

メルシー(めるしー)

電話:03-3202-4980

住所:東京都新宿区馬場下町63

営業時間:11:00~19:00

定休日:日曜・祝日

 

-有名人が来る店, 町中華
-, ,

© 2023 昭和カロリー Powered by AFFINGER5