町中華

【永福町大勝軒】連日行列が途絶えない超人気店「最高峰の中華麺」

令和2年11月23日(月曜日)快晴

永福町大勝軒

中華麺 1130円

今日の一枚

小生
説明しよう!

小生
本食は、永福町に60年以上も君臨し続ける超行列店の超絶至福の絶品中華麺である。

年齢層はちょい高め!

行列が途絶えることない同店。店外に漂ってくる煮干スープの匂いを嗅ぎながら待つ

オープン前に入店

勤労感謝の日の祝日、大好きな永福町大勝軒を訪問する。

時刻は営業開始前の午前10時5分。

まだ11時の開店まで50分以上あるが、

店の中に入らせてもらい、カウンターの一番端に陣取る。

ここは、開店時間前に来店しても中で待たせてくれるのだ。

メニューはコレだけ!

卓上のメニュー。前に一度サービスにメンマをいただいたことがあったっけ

すぐにベテランのお姉さんが水を持ってやってきて、優しい表情で注文をとる。

いつもの中華麺をオーダー。

開店前なのに店内は客でいっぱいに

すると後から後からどんどん客が入ってきて

いつのまにか店内はほぼいっぱいに。

世の中は大変な時期だが人気ぶりは相変わらずのようだ。

とはいえ、ラーメン提供までだいぶ時間があるので、

目の前に置いてある週刊誌に手を伸ばす。

店主は、支度に余念がない。

着丼

コレよコレ!

見ただけでヨダレが。まごうことなきナンバー1のラーメン

そして10時35分頃、

いつもよりだいぶ早い時刻に中華麺が到着。

いつ見ても美しい丼面である。

黄金色の煮干スープの中に2人前はあろうかという麺が浸り、

その上に4~5枚のチャーシュー、

メンマ、そしてナルトが盛りつけられ、

小口切りのネギが彩を加える。

小ぶりだが存在感バツグン!

ブタの脂の旨味がしっかり感じられるチャーシュー

旨いよメンマ!

柔らかくて味わい深いメンマ

ナ、ナルト!

永福町大勝軒の中華麺に欠かせないナルト。昭和の香りが漂う

大きなレンゲでスープをひと口啜ると、

思わず笑みがこぼれる。

表面を覆ったラードの油膜のおかげで熱々のスープは、

煮干の風味いっぱいで

後から昆布や豚骨、野菜などの旨味が追って来る。

今日もうまい!

二人前はあろうかという麺

量がハンパない麺だが、気づいたらペロリと食べてしまっている

そして柔らかめな細縮れ麺を口に運ぶ。

スープを存分にまとった麺は量が半端なく多いが、

どんどん食べ進められ、気が付いたころにはなくなっている。

お年寄りでもぺろりと食べてしまうのもうなづける。

すべてが計算されつくされた一杯

コレがポイント!

極上の煮干スープを飲み続けると一片の柚が現れる

最後に残ったスープはまだ熱く、

飲み進めていくとひとかけらの柚皮が口の中に。

その爽やかな柚の風味が抜群のアクセントとなり、

最後に至福の瞬間を与えてくれるのだ。

すべてが計算されつくした一杯に今回も大満足し、

今年中にもう一回は訪れることを心に誓うのだった。

ホカホカ麺上げタイム

今日もウマかったヨ!

味はもちろんのこと、お冷の補充にすぐ来てくれたり、従業員の丁寧な対応など全てがスバラシイ名店デス

 

永福町大勝軒(えいふくちょうたいしょうけん)

電話:03-3321-5048

住所:東京都杉並区和泉3-5-3

営業時間:11:00~20:00

定休日:月曜(店のHP要確認)

-町中華
-, ,

© 2023 昭和カロリー Powered by AFFINGER5